血流を改善して冷え性を撃退!!
血流を改善して冷え性を撃退!
イメージキャラクター 冷え性の大きな原因のひとつに「血流」があります。まず、生活習慣をチェックしてみましょう。健康のため、血流をよくしたいですね。
spコメント
イメージ
まず、ご自分の生活習慣をチェック!
あてはまる項目を確認していきましょう
チェックした項目が3つ以上なら、あなたの日常は冷え性になりやすい生活と言ってもいいでしょう。では、対処法をご紹介します。
チェックした項目が3つ以上なら、あなたの日常は冷え性になりやすい生活と言ってもいいでしょう。では、対処法をご紹介します。

冷え対策は栄養バランスの良い食事から

女性はダイエットなどをする方も多く、必要なだけの栄養バランスがとれていない方も多くいます。まずは食生活から見直してみましょう。特にたんぱく質を意識するのがよいでしょう
女性はダイエットなどをする方も多く、必要なだけの栄養バランスがとれていない方も多くいます。まずは食生活から見直してみましょう。特にたんぱく質を意識するのがよいでしょう
朝ご飯を食べる 朝ご飯をしっかり食べないと、体を動かすためのエネルギーがとれません。軽くでも、朝ご飯を食べる習慣を。夜中に食べ過ぎない 食べ過ぎ、特に夜中に食べ過ぎると内臓に負担がかかります。できるだけ規則正しい食事を。
朝ご飯を食べる 朝ご飯をしっかり食べないと、体を動かすためのエネルギーがとれません。軽くでも、朝ご飯を食べる習慣を。夜中に食べ過ぎない 食べ過ぎ、特に夜中に食べ過ぎると内臓に負担がかかります。できるだけ規則正しい食事を。
しっかり栄養をとったら、その栄養を体中に届けるための血流をよくする必要があります。当たり前のことですが、正しい生活習慣が重要ですね。
しっかり栄養をとったら、その栄養を体中に届けるための血流をよくする必要があります。当たり前のことですが、正しい生活習慣が重要ですね。
お風呂にゆっくりつかる もちろんお風呂に浸かるのは冷え性対策としてとても大事。38~39度くらいのお湯でゆっくり入浴しましょう。ストレス冷えにも効果的です。質の良い睡眠をとる 質の良い睡眠を心がけましょう。睡眠が不規則だと体内時計が狂ってしまい、体が適切な体温を保てません。
お風呂にゆっくりつかる もちろんお風呂に浸かるのは冷え性対策としてとても大事。38~39度くらいのお湯でゆっくり入浴しましょう。ストレス冷えにも効果的です。質の良い睡眠をとる 質の良い睡眠を心がけましょう。睡眠が不規則だと体内時計が狂ってしまい、体が適切な体温を保てません。
内臓から末端まで! 体を芯から温める食材・成分
内臓から末端まで! 体を芯から温める食材・成分
イメージ
イメージ
イメージ
これらの食材を取り入れて、バランスの良い食事をしていきましょう。逆に、冷たい食べ物や飲み物はできるだけ避けたいですね。
これらの食材を取り入れて、バランスの良い食事をしていきましょう。逆に、冷たい食べ物や飲み物はできるだけ避けたいですね。

冷えの急所、温めるならここ

血の巡りやすい体質に!

食生活や、入浴、睡眠とともに重要なのが、運動です。無理な運動は必要ありません。生活の中でちょっとずつ体を動かすことを意識しましょう。
食生活や、入浴、睡眠とともに重要なのが、運動です。無理な運動は必要ありません。生活の中でちょっとずつ体を動かすことを意識しましょう。

体を動かすと……

血管が拡張して血行を促進 ストレス解消で自律神経が整う 筋肉が増えることで代謝がアップ 体のこりを解消
血管が拡張して血行を促進 ストレス解消で自律神経が整う 筋肉が増えることで代謝がアップ 体のこりを解消

太もも、ふくらはぎなど、下半身の大きな筋肉を使いましょう

つま先立ちを意識 エスカレーターより階段を 歩くときは歩幅を大きく たとえば、仕事中も1時間に1回立ち上がり、つま先立ちをすると血流が良くなりますね。家事の間にもチャレンジするといいでしょう。
つま先立ちを意識 エスカレーターより階段を 歩くときは歩幅を大きく たとえば、仕事中も1時間に1回立ち上がり、つま先立ちをすると血流が良くなりますね。家事の間にもチャレンジするといいでしょう。

むくみには……ふくらはぎストレッチ

太ももの裏やふくらはぎを伸ばすストレッチは、血行をよくしてリラックスする効果も。お風呂上がりや寝る前にチャレンジするといいでしょう。
太ももの裏やふくらはぎを伸ばすストレッチは、血行をよくしてリラックスする効果も。お風呂上がりや寝る前にチャレンジするといいでしょう。
いかがでしたか。つらい冷えがあると、気分が落ち込んでしまいますね。ぜひぽかぽかとした体を手に入れ、いきいきと過ごしてください。
いかがでしたか。つらい冷えがあると、気分が落ち込んでしまいますね。ぜひぽかぽかとした体を手に入れ、いきいきと過ごしてください。
血流改善を助ける「ヘスペリジン」とは?
監修:東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授 東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門担当医 川嶋 朗(かわしまあきら)先生

監修:東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授
東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門担当医
川嶋 朗(かわしまあきら)先生

北海道大学医学部卒業。ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院、東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック所長などを経て現職。近代西洋医学と代替医療、伝統医療を合わせた統合医療が専門。

ページトップへ